トランスユーロ株式会社 代表取締役 加藤勇樹
「プロフィール」

ゾンデルホフ&アインゼル法律特許事務所の翻訳者として30年の翻訳経験があり、トランスユーロ株式会社の代表に就任した今でも現役の特許翻訳者である。NIPTA(日本知的財産翻訳協会)の理事でもあり、特許翻訳者の育成にも従事している。

「講師より一言」

悲しいことに、日本におけるドイツ語の人気は、あまり高くありません。ドイツ語学習者も年々減少しているようです。優秀な学生さんでさえも「将来はドイツ語で食べていく」という発想を持たなくなっています。そんな中で特許翻訳という分野は、ドイツ語を使って食べていける数少ない職業の一つであると思います。
ただし、特許の文章は、ドイツ文学とは大きく異なります。電気や化学や機械の技術的知識なしに翻訳することは不可能です。しかしその一方で、特許の権利範囲は、目に見えるものではなく、言葉で括られるものなので、語学能力も必要です。
翻訳者の語学能力をフルに駆使して、原文の持つ権利範囲そのままに日本語に変換することが求められます。そのためには、ドイツ語の用語が持つ概念そのものを理解しなくてはなりません。前綴りや前置詞の役割をしっかりと把握できなくてはなりません。その上でドイツ語を日本語に置き換えていきます。これが特許翻訳の醍醐味です。言語的な知識と、技術的な専門知識の両方がそろってはじめて一流の特許翻訳者になれます。この道は、決して易しいものではありませんが、情熱を持って打ち込めば、あなたのドイツ語の能力をいかんなく発揮できる絶好のステージを手に入れることができます。
是非とも、一緒に「ドイツ語で食べていける」ロックなステージを目指してみませんか?



トランスユーロ株式会社 翻訳者 齊藤真由子
「プロフィール」

学習院大学大学院人文科学研究科(ドイツ文学専攻)博士前期課程終了
北海道大学大学院国際広報メディア研究科(国際広報メディア専攻)修士課程修了
官公庁で通訳/翻訳の経験を積んだ後にTE(旧S&E)に翻訳者として加わる。
機械分野の特許翻訳者(日独、日英、英独、独英)として13年の翻訳経験がある。

「講師より一言」

言葉(外国語に限りません)を扱う仕事をしたいと子供の頃から考えていた私は、日独特許翻訳者となり、今14年生です。今も苦労の連続、勉強の日々ですので「○年生」という気持ちで日々励んでおります。言葉を扱う、ということは言葉に操られる、ということだという実感が、経験を積めば積むほど大きくなります。言葉を操れるようになりたい!と願いながら日々過ごしています。
日独特許翻訳にご興味を持たれ、トランスユーロアカデミーの特設サイトにたどり着かれた皆様は、私同様好奇心旺盛な方ではないかと楽しみにしております。
これから日独特許翻訳を始めてみたい方にとって何らかの手がかりを、すでにご経験のある方にとっては新たな発見を、共有する機会になれば嬉しいです。
事前課題の段階から皆様にできる限り楽しんでいただけるような講座にできればと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。




トランスユーロ株式会社 翻訳者 今井征美
「プロフィール」

早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了(独語独文学専攻)。
電気分野の特許翻訳者(独日,英日)として20年の翻訳経験がある。

「講師より一言」

はじめまして。特許明細書は、最先端の専門性の高い科学技術を法的に権利化するための核となる、とても難しいテキストです。けれども、それを語学的な読解力を支えにして、技術内容の知識と法的な戦略思考とをもって翻訳していくことは、社会的にも大きな意義のある魅力ある仕事です。特に、電気分野では技術革新がめざましく、幅広く奥深く、興味深い科学技術の一端をうかがうことができます。

初めて特許明細書に向き合うみなさま、トランスユーロアカデミーにようこそ! 一緒に特許明細書の翻訳を勉強して、わたしたちトランスユーロ電気チームの特許翻訳との真摯な取組みを反映させたこの講義が、みなさまのスキルアップに役立てればうれしく思います。よろしくお願いいたします。



トランスユーロ株式会社 翻訳者 松本千恵子
「プロフィール」

横浜国立大学工学部物質工学科卒業。有機化学専攻。
化学分野の特許技術者、特許翻訳者(独日、英日)として15年の翻訳経験がある。
知的財産翻訳検定試験1級(化学)合格。

「講師より一言」

15年前にこの世界に足を踏み入れて初めて特許明細書を見た時、長くて難解な文体にまったく馴染めず、「日常の日本語とはかけ離れた別世界」にいるようなモヤモヤした感じが拭えずにいました。
これから特許翻訳を始める方は、普段と違う日本語に初めはとても戸惑いを感じるかもしれません。でも、1つずつ丁寧に読み解いていくことで、技術的課題の解決にあたって発明者がどのような苦労や逡巡を重ねているのかが明細書の端々から見えてきて、こうした発明者の想いや意図をしっかりと汲んで過不足なく伝えることに楽しさや充実感を感じられるようになります。
私もまだまだ修行中ですが、みなさんと一緒に勉強できたらとてもうれしく思います。