Blog

  • TOP
  • Blog
  • 【トランスユーロQ&A】

トランスユーロアカデミーHP開設


トランスユーロでは今年の春より「トランスユーロアカデミー」を開校し、代表取締役の加藤が自ら教壇に立ちドイツ語特許翻訳入門講座をスタートしました。講座は順調に進み、16名の受講生が無事に入門講座を修了する見込みです。

 

そのトランスユーロアカデミーのホームページが完成しましたので、お知らせ致します。是非ご覧になってください。

https://www.trans-euro.jp/TAex/

ブログをメールで配信


メールアドレスを入力して申し込むをクリックするだけで、最新ブログをメールでお送りします。

2018.06.12

トランスユーロについて

【トランスユーロQ&A】


よくある質問をまとめてみました。

Q:翻訳チェック料はいくらですか?

A: ご依頼頂く内容が「翻訳チェックのみ」の場合は7円/ワードで承っております。(文単位での修正箇所には翻訳料が発生いたします。)但し、弊社の翻訳料には既に「チェック料金(Wチェック体制、ならびにターゲット言語でのネイティブチェック)」が含まれておりますので、ご用命頂く際の参考にして頂ければ幸いです。

Q:ゾンデルホフ&アインゼル法律特許事務所との関係はどのようになっていますか?

A: 弊社は、2015年10月にゾンデルホフ&アインゼル法律特許事務所(以下、SE事務所)から独立する形で事業を開始しております。以降、オフィスをSEから完全に分けて構えるのは勿論のこと、経営上、業務上の意思決定も全て自社で行っておりますので、その独立性は確固たるものとなっております。また、情報管理の面についても細心の注意を払っております。出入口のドアは専用カードのみで開閉が可能であり、また、翻訳者に対しても、PCへの記憶媒体の使用禁止(許可制)を徹底しております。更には、情報システムスタッフによるPCのログ管理、就業規則を始めとする各種規定においてその遵守基準を明記するなど、規律の維持に努めております。

Q:社内の翻訳者は何名いますか?経験年数は?

A: 「特許」を専門とする40名以上の翻訳者が正社員として在籍しており、彼らの経験年数は社内平均で10年を優に超えるものとなっております。中には、30年以上のキャリアを誇る「全てを知り尽くした」翻訳者もおりますので、必ずやご満足頂ける翻訳を提供できるものと確信しております。

Q:得意な分野は?

A: 翻訳者の専門分野は、①機械、②電気、③化学/医薬に分かれております。上記の通り、その経験値は他社にはない圧倒的なものですので、各分野に複数のエキスパートが揃っております。ご参考までに、弊社で受注した案件で比較的多い分野は以下の通りとなります。

 

電気 電子回路 制御技術 半導体 センサ コンピュータ CADIT 光学 通信技術 情報処理 燃料電池 等
機械 自動車エンジン モータ 変速機 高圧ポンプ コモンレール インジェクタ ピストン(リング) クラッチ トランスミッション ディファレンシャル ステアリング ブレーキ ドア ワイパ 等

ばね 軸受け ねじ 歯車 シール 等

鉄道 軌道整備 重機 モータ コネクタ 工作機械 成形機 光学機器 医療機器 油/空圧機器 真空技術 ポンプ 圧縮機 表面処理技術 接合技術 印刷 ガス/蒸気タービン 太陽光発電 コージェネ 風車(ふうしゃ) 紡績 繊維 シューズ 建築 土木 物流 抄紙 時計 工作機械 等

化学 有機化学(塗料、液晶、香料、触媒等) 無機化学(ガラス、セラミック等) 工業化学(プラント等) 高分子材料(ポリマー、ゴム、繊維等) 物理化学 生物化学 分析化学 電気・電子材料(電池、半導体材料等) 建築・土木材料(コンクリート等) 金属材料(合金、めっき等)等
バイオ DNA遺伝子組換え技術 再生医学 生命工学 微生物学 等
医療 医薬・製薬 化粧品 医療機器 等

コメントを残す

お問い合わせ

Page Top