代表メッセージ

  • TOP
  • 代表メッセージ

社内の精鋭翻訳者でまかなう、ドイツ語ならおまかせの翻訳会社です!

トランスユーロ株式会社は、明治43年創立のゾンデルホフ・アインゼル法律特許事務所内の翻訳部門が独立してできた翻訳会社です。弊社の翻訳者は、法律特許事務所の時代に、主としてドイツ語圏の国々からの特許出願にかかわる翻訳業務に従事していましたので、特許に関しては、出願から中間処理業務まで専門性の高いサービスを提供することができます。契約書や判決文、遺言状などの翻訳、大使館指定の認証翻訳なども手がけております。

いずれの分野におきましても、弊社では、基本的に外部の翻訳者に頼らず、翻訳業務を内部でまかなう体制をとっています。現在、翻訳者だけで社内に45名ほど抱えており、これにより弊社では翻訳者間、翻訳者とコーディネータ間のコミュニケーションや協働作業が効率良く行われ、高品質の維持を実現しています。また、翻訳者が自社の社員であるので、社内セミナーの開催や、独検、英検、知財翻訳検定などの資格取得者に対して一時金手当や、給与手当の優遇制度を導入しており、翻訳者の能力・モチベーションの向上につなげています。このように内部に多数の自前の翻訳者を抱え、しかも主力言語がドイツ語に特化している翻訳会社は、日本国内に他に類を見ず、新しいスタイルの翻訳会社であると自認しております。



代表取締役社長 加藤勇樹

特許翻訳歴30年。主に機械・自動車分野。ガバナの時代からコモンレールを経て電気自動車に至るまで、時代と共に進歩する技術を目の当たりにしながら翻訳に従事。2013年より、公益財団法人 日独協会にて「ドイツ語特許翻訳講座」を主催。2016年1月、既成概念に捕われないロックな翻訳会社を目指し、トランスユーロ株式会社代表取締役に就任。

お問い合わせ

翻訳についてのお問い合わせ・ご依頼は作山、それ以外のご用件は山田までご連絡お願いいたします。

Page Top