Blog

  • TOP
  • Blog
  • トランスユーロ流ツールの使い方~翻訳の品質向上とスピードアップを目指して~

2021.12.06

トランスユーロについて

トランスユーロ流ツールの使い方~翻訳の品質向上とスピードアップを目指して~


トランスユーロの強みの一つは、基本的に機械翻訳を行わず、「人間翻訳」を提供している点です。とはいえ、人間の翻訳者は、さまざまなデジタルツールにサポートされ、効率性と正確性をより向上させることができます。これは、プロジェクトマネージャーの業務にも言えることです。今回は、当社が使用しているツールのいくつかをご紹介します。

1. より正確でより速い翻訳を実現するCAT(翻訳支援)ツール

CATツールは、翻訳者をサポートするためのソフトウェアです。翻訳が完了しているか、訳抜けがないかをチェックし、用語集をアップロードすることにより、特定の用語がお客様の指定通り翻訳されているか、文書全体に表記ゆれがないかを確認することができます。

また、部分的に繰り返しのある翻訳の場合、翻訳者はその部分を新たに入力することなく、元の翻訳を再利用することができます。

また、プロジェクトマネージャーが各担当者にメールを送らなくても、翻訳者から校正者、そして品質管理部門へと訳文を自動的に引き渡すスムーズなワークフローを実現します。トランスユーロでは、プロジェクトの内容に応じてCATツールを活用しています。CATツールについて詳しく知りたい方は、こちらの記事でCATツールと機械翻訳の違いをご紹介しています

2. 受注業務を効率化するMicrosoft Power Apps

トランスユーロではMicrosoft Power Appsを使い、より効率的なワークフローを実現するためのアプリケーションを作成しています。新規受注後のワークフローをほぼ自動化するため、ツールをカスタマイズしています。このソフトウェアは、発注書などを自動的に作成し、プロジェクトマネージャーと翻訳者の間のコミュニケーション・プロセスを迅速化することが可能です。

また、品質管理部門での最終チェック用に、翻訳プロジェクトごとにチェックシートが作成されます。このチェックシートは、様式および法的な要件や、お客様の具体的な要望に応じて、プロジェクトごとに変更されます。当社では現在、ワークフローをさらに改善すべく、ツールの拡充に取り組んでいます。

3. 重要なデータに常にアクセスできるクラウドサービス

社内のデータはすべてクラウドサーバーに保存されており、社員は場所を選ばずにデータへのアクセスが可能です。この方法により、より効率的にデータにアクセスすることができます。例えば、あるコンピュータに技術的な問題が発生した場合でも、別のコンピュータからデータへのアクセスが可能です。インターネットに接続できる環境さえあれば、社員はどこからでも仕事ができます。

もちろん、当社のIT部門はデータが定期的にバックアップされていること、当社の従業員のみがアクセスできることを確認しています。また、従業員はお客様からお預かりするデータが安全であることを確認したうえで、データにアクセスする必要があります。

今回の記事をお読みいただき、当社の実際の業務の流れをより深くご理解いただけたのではないかと思います。より品質の高い翻訳をより短期間で納品できるよう、今後もさらなる改善に取り組んでまいります。当社の翻訳サービスについてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

お問い合わせ

Page Top