なぜほとんどの日本人は英語を話せないのか?

日本は英語がほとんど通じないことで有名です。観光客には、たびたび、日本では英語が通じないので注意するようにと警告されます。日本では学校教育で英語をきちんと教えているのに何故多くの日本人は英語を話せないのでしょうか? 今回はその原因を探ってみたいと思います。

英語教育の欠陥

 

日本の学校での英語教育の主眼は、大学受験に合格することに置かれています。そのため、学校では文法を中心に学び、「読み書き」に重点が置かれています。授業で英会話の実践練習をすることは稀です。日本の英語教師の多くは、自身が英語を上手く話せない日本人であり、英語の母語話者ではありません。学校によっては、語学指導を専門的に行う外国青年招致事業(JETプログラム)に則って、外国人の外国語指導助手(ALT:Assistant Language Teacher)を招致しているところもありますが、残念ながら、この制度では、指導助手自身の指導能力についてはほとんど顧慮されていません。JETプログラムは教員の資格を必要とせず、完璧な発音を身に付けていることだけが求められます。そのため、せっかく外国語指導助手を導入しても、単に教科書を棒読みするだけというケースもあります。

英語を話すことへの苦手意識

 

多くの日本人は、自身の英語力を過小評価するきらいがあるので、英語を話す勇気をなかなか持てません。なので、本当は英会話力を磨く絶好のチャンスとなるはずなのですが、英語で話さなければならないようなシチュエーションをすべて避けてしまいます。日本には多くの「英会話学校」があり、そこでは外国人教師と英会話のレッスンができます。しかし、英会話学校においても教師の教育能力についてはあまり重視されておらず、たいていは英語の母語話者であればOKとされています。来日したばかりの外国人にとっては、多くの場合、英会話学校教師は、否応なしに仕方なく就く職業の1つでしかありません。というのも、来日したての頃は日本語の知識も限られているため、他の職業に就くことがほとんど不可能であるためです。

発音の問題

 

日本語はとても音の少ない言語であるので、英語の多彩な音は日本人にとって馴染みのないものです。そのため、これらの音を聴き取ることができず、また自身で発音することもできないのです。よく云われるのが、LとRの問題です。日本語には英語のLとRの中間のような混合音しかないため、日本人には「road」と「load」の違いを聞き分けるのが非常に困難となります。さらに、日本語は音節言語です。「N」を除くすべての子音は母音とセットになっています。

このように、日本人が英語を習得するためには多くの障害が存在することをお分かりいただけると思います。それに加えて、日本語と英語はそもそも全く異質の2つの言語であるので、日本人にとって英語がヨーロッパ人よりも難しく感じられるのは、ある意味当然のことなのです。日本人の英語問題を解決するためには、英語教育のコンセプトを一から見直す必要があるのではないでしょうか。生徒に英語を話すこともきちんと教え、英語を話すことへの苦手意識を取り除くことです。

あなたはどのような英語の授業を受けましたか?

 

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。