ドイツの窓-換気にうるさいドイツ人

日本とドイツ、違いは至る所にありますが、今回は「窓」にまつわる話をご紹介します。ドイツ初滞在で、窓の開け方に戸惑う人は、意外と少なくないようです。「窓が違う!開け方わからない!壊してしまった!?」日本の住居にある引き違いのサッシの窓とは違うドイツの窓。実はすごく優秀なのです。

 

ドイツの窓―ドレーキップ窓とは?

 

ドイツ国内の住居の約90%に採用されているという、通称「ドレーキップ窓」(Dreh Kipp Fenster)は、1つのハンドルレバーで、内開き(Drehen)と、内倒し(Kippen)の二通りの開閉方法が可能です。ハンドルを回して、窓を内側に全開にした内開き状態では、窓外側と周辺の掃除も楽に行え、またうち倒し状態は、窓の上部だけが傾く構造のため、常時換気が可能なうえに、構造上、外側から窓を開ける事はできないため、防犯面でも心配はありません。

しかしこのドレーキップ窓の一番の特徴は、何といってもその気密性にあります。窓枠全周囲に金物が巡らされているため、窓を閉じている時は圧力がかかるため、気密性、断熱性が高く、省エネ効果もバッチリです。真冬にはマイナス20度にもなるドイツだからこそ、必要とされ、開発、改善されて定着した窓ともいえます。というわけで、日本人には見慣れない開閉式ですので、最初は開け方に苦労する―というのは、「日本人のドイツ滞在あるある」のひとつではないでしょうか?

 換気にうるさいドイツ人

 

さて、窓にまつわる事柄をもうひとつ。ドイツで実際に生活していて気付くのは、ドイツ人の換気への執念です。学校、オフィス、住宅など生活環境のあらゆる場面で、季節に関わりなく、1日に何度かは、窓を全開にして換気を行います。極寒の真冬でも、休み時間になると窓を全開にして、空気の入れ替えをする姿は、やはりどこか違う価値観があるのかなと思わせるほどです。確かに、ドイツ語の「Frische Luft」(新鮮な空気)は、ドイツ的な価値観と習慣を表しているのか、日常的によく耳にします。

しかし、気密性の高い窓と住宅構造にとっては、湿気も大敵。結露やカビへの対策の換気を十分に行ってこそ、家を守ることができ、また、居心地の良さが保たれると考えられているようです。さらに、コロナ時代の今日では、換気は、もはや世界中の新しい生活様式として、必要不可欠な時代となってしまいましたね…。

日本の建築はドイツに比べて30年遅れている…なんて揶揄されることもあるほどですが、ハンドル式の高機能で省エネに配慮されたドレーキップ窓は、確かに優秀で、日本でも商品化されているようです。

 


 

参考HP

 

 

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。