ドイツとトルコ 

ドイツとトルコ。互いの首都、ベルリン・アンカラ間は、遠く離れること約2600kmですが、政治経済や外交上深い関係にあります。衝突がしばしば起きているのも事実ですが、トルコ文化からドイツが受けた影響の深さは見逃せません。日本人からすると、一見盲点ともいえるドイツとトルコですが、この両国の関係性とは一体どのようなものでしょう?

⇒続き

ドイツの川② ドナウ川

父なるライン、母なるドナウと表現されているように、ドナウ川もドイツを代表する河川のひとつですが、その長さはライン川(1230キロ)の倍以上の約2900キロにも亘り、10ヵ国もの国々を流れ、黒海に注ぐヨーロッパ随一の国際河川です。ライン川と同様、経済産業を支える行路でありながら、その美しさから、様々な芸術作品のモチーフにもなっています。

⇒続き

ドイツの自然療法、そして自然療法士

ドイツは医療先進国であり、西洋医学の基盤も築いてきた伝統があります。しかし、その一方で、自然療法―Naturheilkundeも盛んで、主要先進国の中で、最も代替医療が活用されている国とも言われています。多くの人が、様々な方法で癒しを求める現代。ドイツの自然療法についてご紹介します。

⇒続き

世界初の幼稚園-キンダーガルテン

幼稚園という言葉はドイツ語Kindergartenからの訳語というのはご存じでしょうか。そうです、英語でもドイツ語からの外来語としてkindergarden-キンダーガーデン―『子供たちの園(庭)』という表現を使っていますよね。幼稚園という概念、そして世界初の幼稚園を創設したのは、ドイツの教育者、フリードリヒ・フレーベル(1782~1852)です。幼稚園もまたドイツの産物というわけです。

⇒続き

ドイツの川① 父なる川 ライン

ドイツの国境は9ヵ国に囲まれており、海があるのは北ドイツに面する北海とバルト海だけです。海はあまり身近な存在ではありませんが、有名かつ重要な川はいくつか存在します。森がドイツ人の精神性に深く根付いている一方で、ドイツ人にとっての川の存在と意味も見逃すことはできません。歴史的にみると、ときに国境線として争いの場にもなり、また、経済産業を支える重要な役割も果たしてきました。

今回はドイツを流れる川の中でも、最も重要といわれているライン川についてお伝えします。

ライン川とは

 

全長1233 km、スイスアルプスを源流に、リヒテンシュタイン、オーストリア、ドイツ、フランス、オランダを流域とするライン川は、南北ヨーロッパの大動脈ともいわれるほどに、ドイツのみならず中央ヨーロッパの経済においても重要な航路とされてきました。ドイツ国内を流れているのは698 kmにわたりますが、その美しさから、ゲーテ、ハイネやヘルダーリンなど多くの詩人たちのモチーフにもなり、ドイツ人の精神性を支える情景でもあります。ハイネ作の岩山に住む精霊ローレライの詩は有名ですね。

マインツからコブレンツ間の65 kmは、ライン下りでも有名で、沿岸部には中世期に諸侯たちが通行税を徴収するための城塞をこぞって築きました。今日でも30余りの古城が立ち並ぶ景色は素晴らしく、2002年には世界文化遺産にも登録されており、ドイツ国内でも随一の観光名所でもあります。

 

工業地帯沿いに流れるライン川
工業地帯沿いに流れるライン川

ドイツ人と父なるライン川

 

古くはローマ帝国の国境線でもあり、ゲルマン人との攻防戦が繰り広げられた場所でもあるライン川沿岸地域。バーデン=ビュルテンブルク州流域は、フランスとの国境でもあり、川を挟んで領土の奪い合いが度々起こった争いの場でもありました。

また一方では、充実した内陸水路と豊富な地下資源により、石炭、鉱石、建築資材、石油といった物資の運搬流通、そして工業用水としても使用され、ドイツの工業を支えてきました。ドイツの政治、経済、文化はライン川抜きに語ることはできないほど、重要な存在であることがわかります。このことから、ライン川は『父なるライン川』と称されるのでしょうか?ここにはちょっとした言語史的かつ文化的な背景があるようです。

ドイツ語では、ライン川やドナウ川などの河川の固有名詞にも、ドイツ語の特性である性が割り当てられており、ライン川は男性名詞(Der Rhein)、ドナウ川は女性名詞(Die Donau)ですが、ドイツ語の川の名はほとんどが女性名詞で、男性名詞は限られています(Der Necker, der Innなど)。元来、川は神々の化身と信じられており、ラインの語源であるRhenusは、擬人化された男性の神の名前であり、全ての精霊と川の父と伝承されてきました。これに加えて、19世紀のドイツのロマン主義者たちは『父なるライン川』という表現を好んで使ったため、『ドイツにおける父なるライン川』という概念が定着したともいわれています。

緩やかな流れが特徴的なドイツ圏のライン川ですが、2021年7月には大雨による大規模洪水が発生しました。被害が最も大きかったアールヴァイラー郡は、ライン川の左支流であるアー川(Die Ahr)が流れている地域でもあります。10年に一度という規模の水害であったようですが、美しいライン川流域の町々の逸早い復興を願うばかりです。

 


参考HP

参考文献

  • 小塩節 ライン河の文化史 講談社学術文庫 1991

ドイツのコンピューターゲーム事情

世界中、様々な利用端末で楽しまれているコンピューターゲーム。Switch、スマホゲーム、VRゲーム。古いところではファミコン、ゲームボーイなども懐かしいですね。ボードゲーム好きなドイツ人ですが、コンピューターゲームは、どれだけのユーザーと市場が展開されているのでしょうか?日本のゲームも好まれているのでしょうか? ⇒続き

ドイツの優秀な調理器具

Made in Germanyといえば車、文房具、掃除道具やカメラに髭剃り。ドイツ製品のイメージは世界一という統計結果もあるほど、そのブランド力は抜群で高品質です。さて、今日は調理器具のお話です。ドイツ料理は、ご近所のフランスやイタリアの料理に比べると評判はイマイチで、地味な印象がありますよね。でも料理の評判とは裏腹に、ドイツ製の調理器具は実に優秀なものが多いのです。

⇒続き

シュタイナー教育 

旧オーストリア帝国生まれの哲学者、神秘思想家、教育者であるルドルフ・シュタイナーが提唱した教育法であるシュタイナー教育をご存じですか?主流の教育法とは異なる思想と方法が取り入れられているオルタナティブ教育のひとつとして世界中に展開しており、シュタイナー学校の数は1000校以上にものぼります。日本でも7校のシュタイナー学校が存在しており、そのうち2校は学校法人にもなっています。今回は、創造性と感性を重視し、人間形成を図るシュタイナー教育についてお伝えします。

⇒続き

ドイツのテレワーク事情

新型コロナの世界的な感染拡大が始まって早1年半が経ちました。我々の生活にも、感染防止のために多くの新しい習慣や規則が導入されてきましたが、テレワークはその中でも大きな変化のひとつですね。ドイツでは約半年ほど続いたロックダウンも解除され、徐々に規制緩和が進んでいる最中ですが、コロナ禍の元で、どれくらいテレワークは浸透してきたのでしょうか?

⇒続き