ドイツのコンピューターゲーム事情

世界中、様々な利用端末で楽しまれているコンピューターゲーム。Switch、スマホゲーム、VRゲーム。古いところではファミコン、ゲームボーイなども懐かしいですね。ボードゲーム好きなドイツ人ですが、コンピューターゲームは、どれだけのユーザーと市場が展開されているのでしょうか?日本のゲームも好まれているのでしょうか?

 

増えるゲーム人口 欧州一のゲーム市場

 

STATISTAの2020年の統計によると、ドイツ国内でコンピューターゲーム(ゲーム機問わず)をたまに利用するユーザー数は3430万人以上に上り、人口全体の48パーセントにも及ぶことがわかりました。またユーザーの平均年齢も年々高齢化しており、2013年は31歳であったのが、2019年には36.4歳にまで上がりました。最も多い年齢層は50代で、この層のユーザーが増加し続けているとのことです。

一方日本のユーザー人口は、2019年の統計では約4790万人(ファミ通ゲーム白書2020調べ)とあり、ドイツとの差はほぼ1500万人弱にも及んでいます。さらに2020年は新型コロナの影響もあり、日本では5273万人と更に増加していますが、ドイツではそれほど大きな変動はなかったようです。

ゲーム市場はアジア圏が圧倒的に大きく、全体の40パーセント以上を占めており、続く北米で約28パーセント、欧州が20パーセント前後となっています。しかし2018年のゲームユーザーの支出額ランキングでは、ドイツは中国、アメリカ、日本、韓国に次ぐ世界第五位で、47億ドルの支出があり、欧州内では最大の市場となっており、今後もその成長も見込まれています。ドイツ人ってあんまりコンピューターゲームとか好きじゃなさそう…という個人的な偏見がありましたが、これは既に古いイメージなのかもしれませんね。

ドイツで人気のゲームは?

 

ドイツで好まれている家庭用ゲーム機やソフトには何があるのでしょうか。家庭用のゲーム機で主流なのは、「Playstation4」(ソニー)や「Nintendo Switch」(任天堂)、Xbox One(マイクロソフト)などが挙げられています。しかし昨今では、スマホでのゲーム利用が増加し、2017年には家庭用ゲーム機を抜いて、最も利用が多いゲーム端末となりました。またソフトに関しても、ダウンロード型及び課金型のゲームでの流通が増加傾向にあるとのことです。

一方ソフトの人気はどうでしょうか? 2020年の家庭用ゲーム機用ソフトの売上ランキングを見てみましょう!第一位はFIFA21(2020年発売)、第二位はAnimal Crossing New Horizons(あつまれどうぶつの森 2020年発売)、第三位はマリオカート8デラックス(2017年発売)、第四位グランドセフトオート5(2017年発売)、第五位コールオブデューティー ブラックオプス コールドウォー(2020年発売)となりました。(日本の2020年の売上ランキングはこちら

ロックダウンの中、ドイツで楽しまれたゲームTOP5は以上のラインナップとなりました。ドイツで一位のFIFA21は、日本では72位にランクインしているのは興味深い差ですね。一方『あつまれ どうぶつの森』は、日本でもドイツでも愛されているようです。おうち時間が推奨される日々が続きますが、ゲームが、家で過ごす楽しみのひとつであるのは、ドイツでも同じようです。


 参考HP

 

 

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。