日本の登山用語に影響を与えたワンダーフォーゲル

ドイツ語から日本語へと借用された語彙は、医学用語、音楽用語、政治用語など多分野にわたり、外来語として日本語に根付いていますが、今回は、登山用語についてご紹介します。ゲレンデ、ストック、リュックサック、ザイル、ピッケル…、ドイツ語由来のものが多い山岳用語ですが、その背景にはどのような歴史と文化があるのでしょうか。

 

 

 

青年運動、ワンダーフォーゲル

 

自然を愛するドイツ人にとって、森歩き、山登りは魂を癒す場-というと言い過ぎかもしれませんが、ただの趣味の範囲には留まらない身近さがあるように思えます。

さて、「ワンダーフォーゲル(Wandervogel)」は、日本の大学や高等学校にも存在する、野外活動をメインとしたサークル活動、クラブのことですが、ドイツを発祥としており、ドイツ語では「渡り鳥」という意味でもあります。この青年運動は、19世紀末、ベルリン近郊のシュテーグリッツのギムナジウムの学生であったカール・フィッシャーによって始まった運動でした。

都市化、工業化が進む時代の中で、そのアンチテーゼとして掲げられた自然への回帰精神と、渡り鳥のような自由な生がモットーとして掲げられており、当初の活動体系は、登山やハイキングに限らず、ギターを弾き民族音楽を野原で楽しんだり、キャンプをしたりと、アウトドア活動全般にわたるものでした。この青年運動は、以前にも当ブログで扱った裸体主義や、菜食主義、自然療法とも起源を同じくしており、今日のドイツ文化の鋳型ともなっています。

しかし、ワンダーフォーゲル自体は、第一次世界大戦の始まりと共に、批判を受けつつも、一部はヒトラーユーゲントに吸収され、衰退の道をたどりました。

 

 

日本に渡ったワンダーフォーゲル 

 

一方、日本でワンダーフォーゲルというアクティヴィティが始まったのは、1933年(昭和8年)です。西洋近代化のために、ドイツを模範例として、政治・経済・文化を取り入れていた日本は、文部省内に、「奨健会ワンダーフォーゲル部」が発足され、その2年後の1935年には、立教大学にワンダーフォーゲル部が発足され、日本初の学生団体としてのワンダーフォーゲル部が誕生しました。どの大学でも、伝統的なクラブ活動として存在していたワンダーフォーゲル部ですが、最近では部員があまり集まらないというのは、現代的な現象かもしれません。

 

18世紀後半のヨーロッパで始まった、山を登ること自体を目的とした登山という概念。近代登山自体は、イギリスを発祥としていますが、日本はドイツと国交が深かったため、そして、ワンダーフォーゲルというドイツ独自の青年運動による影響もあり、日本の登山用語にはドイツ語が多いようです。

しかし、実際には、フランス語や英語もあり、また日本人がアレンジしたカタカナ語も多いようです。

 


 

参考HP

 

  • ワンダーフォーゲル wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%AB

  • 登山用語一覧 Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BB%E5%B1%B1%E7%94%A8%E8%AA%9E%E4%B8%80%E8%A6%A7

  • 「ワンダーフォーゲル活動のあゆみ」城島紀夫著 獨協学園ワンダーフォーゲル部OB会

http://dwvob.sakura.ne.jp/wp/2018/06/29/%E3%80%8C%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%86%E3%81%BF%E3%80%8D%E5%9F%8E%E5%B3%B6%E7%B4%80%E5%A4%AB%E8%91%97/

  • 登山 Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BB%E5%B1%B1

 

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です