おうちで楽しむドイツ Bleib zu Hause!

緊急事態宣言が発令されて約1か月、日本では、宣言のさらなる延長が検討されていますが(5月1日現在)、ドイツではロックダウンが一部緩和されつつあり、5月4日から遊技場や美術館、教会などを再開するとのことです。ステイホーム、ドイツではBleib zu Hauseのスローガンとともに、家の中でも楽しめるオンラインサービスも様々に増えてきました。今日はおうちで楽しめるドイツと題して、ドイツ国内で様々なサービスをご紹介します。

(ドイツ国内のロックダウン緩和により、サービスが随時変更している場合があります)

ベルリンフィルハーモニー デジタルコンサート

 

https://www.digitalconcerthall.com/ja/news

言わずと知れた世界一流のオーケストラ、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団をオンラインで楽しんでみませんか?月額視聴契約かチケット購入で、契約期間中は、サイト内の全ての映像が何度でも視聴できます。いくつかの無料映像もアーカイブにあり、無料ライブなどが企画されることもあります。クラシックファンでなくとも、一度は訪れてみたいベルリンフィルのコンサートを、この機会におうちで楽しんでみてはいかがでしょう。

オンラインで楽しむ!ベルリンの美術館・博物館

 

https://www.visitberlin.de/de/blog/berliner-museen-online-erleben

ベルリンには170以上の美術館、博物館が存在しており、いくつかの施設ではオンラインで展示物を楽しむことができます。なかでも世界遺産になっている5つの博物館、美術館が集まった博物館島(Museumsinsel)のサイトは、google Art & Cultureと連動しており、作品の解説と共に、かなり細部まで鑑賞することができます。

https://artsandculture.google.com/project/museum-island-berlin?hl=de)ストリートビューを駆使した技術で、美術館内の陳列風景や、建物の装飾までもが360度で閲覧可能なので、バーチャルとはいえ、かなり臨場感を感じることができますよ。

ドイツのクラブカルチャーをライブストリーミング配信で

 

https://unitedwestream.berlin/

https://culture-stream.cologne/

ロックダウンによる影響で、ドイツのクラブカルチャーの衰退も切実な問題となっているようです。ベルリンとケルンのとあるクラブでは、このような状況に対する打開策として、ライブストリーミング配信を行っています。どちらのサイトでも任意で寄付を募っており、ドイツ全土のクラブカルチャーの存続への協力することができます。

おうちで動物園

 

https://www.zoo.ch/de/zoobesuch/webcams

動物園の動物たちは一体どうしているのでしょう。こちらはスイスのチューリッヒ動物園からの配信で、ペンギン、ゾウ、アムールトラのライブ映像が24時間視聴可能です。でもなかなかカメラで映る場所に動物が来ないんですよね…。

ちなみに動物繋がりですが、ドイツ南西部には、希少動物であるコウノトリの巣作りが見られる村がいくつかあり、その模様をウェブカメラで配信しています。

https://regiowebcam.de/stoerche.html 

静止画での配信にはなりますが、こちらの映像では、夜寝ているコウノトリや、時期によっては、孵化した雛鳥の面倒をみる親鳥などを見ることができ、なかなかほっこりした気持ちになりますよ。

現地のニュースをドイツ語で!

 

https://www.youtube.com/results?search_query=deutsche+nachrichten+live

音楽、芸術、動物…ドイツ語に自信がなくても楽しめるコンテンツをご紹介してきましたが、最後に、言語的理解も必要となるドイツ国内のニュース番組をご紹介します。上記リンクには、youtube で配信されているドイツのニュースがリスト化されています。昨今は、世界全体の問題でもあるコロナ感染症が無論トップテーマなので、関心も一段と大きいことでしょう。語学の勉強にもなるし、現地の状況も知ることができる…一石二鳥になりませんか?

おうちで楽しむドイツ、時間を有意義に楽しんで下さいね。

 

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。