Noch weniger Freizeit für japanische Arbeitnehmer in der Pandemie

Japan ist dafür bekannt, dass Arbeitnehmer viele Überstunden machen müssen und dass es in vielen Firmen üblich ist, dass man nach der Arbeit mit Kollegen noch etwas trinken geht. Auch wenn es aktuell durch den Ausnahmezustand in einigen Präfekturen schwierig ist, etwas trinken zu gehen, haben sich die Arbeitszeiten durch die Pandemie eher noch verlängert.

⇒続き

国際女性デードイツにおける女性の生き方

去る3月8日は国際女性デー(International Woman’s Day, Internationaler Frauentag)でした。日本ではまだまだ認知度が低いようですが、女性の十全かつ平等な社会参加の環境を整備するよう加盟国に呼びかける日として、国連によって1975年に制定されました。日本では、政治家の女性蔑視がしばしば問題化し、様々な場面で、女性が理不尽な事に遭遇することが今日でも少なくありません。さて、ではドイツにおける女性の社会的地位はどのようなものでしょう。

⇒続き

ドイツの薬物事情- 合法にすべき?

薬物による犯罪が世間を騒がせていますが、しばしば議論となるのが、海外と日本の薬物に対する理解と法律の違いです。『ダメ、ゼッタイ!』というスローガンが浸透している日本では、外国で合法や非犯罪となっている薬物があることに対して、強い疑念と拒絶感があるように、国による政策の違いや、国民の意識の違いには、大きな壁があるようです。非常にセンシティブな問題ではありますが、ドイツではどのように扱われているのでしょう。

⇒続き

NG?OK?ドイツ社会におけるタトゥー

ドイツに限らず、欧米社会ではタトゥーを入れている人をよく見かけます。今日の欧州ではタトゥーを入れている人は年々増え続けているそうで、ドイツでもその傾向は顕著だそうです。一方、日本ではタトゥーを入れていると、大衆浴場への入浴が制限されたり、就職活動への影響などもあるため、ネガティブなイメージが今日でも根強く定着しています。

⇒続き

労働力不足を補う日本の配送ロボット

日本ではコロナ禍の影響で、オンラインで買い物をする人が増えたことにより、郵便局では今まで以上に多くの荷物を配送しなければならなくなりました。コロナ禍以前から日本では配達員が不足していましたが、これで人員不足は一層深刻なものとなりました。この人員不足問題を解消しながら、人と人との接触を減らすための試みとして、東京では現在、配送ロボットの走行実証試験が行なわれています。

⇒続き

ドイツの貧困問題

ドイツは世界でもトップクラスの経済大国です。EUを牽引する存在とも認識されており、失業率もEUの中内でもっとも低いことで有名です。しかし、街を歩くと、日本に比べてホームレスが多い印象があり、顕在化していない「見えざる貧困」が問題となっているようです。今回はドイツの貧困問題についてお伝えします。

⇒続き

ドイツのタバコ事情

日本では2020年4月に施行された健康増進法により、受動喫煙防止のため、さらに厳しい喫煙への規制ができました。世界的に喫煙に対する規制は厳しくなっていますが、日本に比べるとドイツの喫煙事情は、少し様相が異なっています。街を歩けば、歩きたばこをしている人も多く、吸い殻もよく落ちており、なんとなく喫煙に対してはゆるい雰囲気を感じます。

⇒続き

コンビニ-お客さんには便利、経営者にとってはリスキー

日本には、24時間営業の小さな商店がたくさんあります。これらはコンビニエンスストアといいますが、日本語では略して「コンビニ」と呼ばれています。食料品や、お弁当、サンドイッチ、お菓子、化粧品、その他多くの生活必需品が売られています。そして、コンビニでは、ATMでのお金の引き出し、請求書の支払い、コンサートチケットも購入できますし、コピー機でのプリントアウトやコピーもできて、いくつかのコンビニでは無料Wi-Fiも提供しています。

⇒続き

日本、そしてプラスチックへの偏愛

日本人は、あらゆるものを何重にも包装するのが好きです。しかし残念なことに、その包装はほとんどがプラスチック製です。ヨーロッパではすでに、プラスチック包装が制限されており、食料品や日用品を包装なしで購入できる、いわゆる「パッケージフリー・ショップ」というお店が次第に増え始めている中で、日本では今もなお、プラスチックを無頓着に使用しています。しかし、昼食に関していえば、プラスチック包装を大幅に節約できるかもしれません。

⇒続き