日本で再び緊急事態宣言

1月7日、新型コロナウイルス感染者数の急増により、東京都と、隣接する神奈川県、千葉県、埼玉県に再び緊急事態宣言が発令されました。しかし、ドイツと比較すると、制限は緩いようです。さしあたり、緊急事態宣言は2月上旬まで続く予定ですが、感染状況によっては延長も考えられます。

⇒続き

Mitfahrgelegenheit-ミットファーゲレーゲンハイト ドイツの相乗り!

ドイツでは長らくドイツ鉄道による寡占状態が続いており、都市間移動できる公共機関はドイツ鉄道のみでした。都市間の公共バスが自由化したのは2013年でした。一方、ドイツではMitfahrgelegenheit(ミットファーゲレーゲンハイト)という相乗りシステムも一般的なひとつの交通手段。シェアハウス、カーシェアなど、合理的かつ経済的なシステムが定着しやすいドイツ社会では、相乗りも身近な存在のようです。

⇒続き

Neuer Ausnahmezustand in Japan

Am 7. Januar wurde in Tokyo und den anliegenden Präfekturen Kanagawa, Chiba und Saitama ein erneuter Ausnahmezustand aufgrund von stark angestiegenen Infektionszahlen ausgerufen. Im Vergleich zu Deutschland gibt es jedoch nur wenige Einschränkungen. Zunächst soll der Ausnahmezustand bis Anfang Februar andauern. Eine Verlängerung ist entsprechend der Infektionslage möglich.

⇒続き

NG?OK?ドイツ社会におけるタトゥー

ドイツに限らず、欧米社会ではタトゥーを入れている人をよく見かけます。今日の欧州ではタトゥーを入れている人は年々増え続けているそうで、ドイツでもその傾向は顕著だそうです。一方、日本ではタトゥーを入れていると、大衆浴場への入浴が制限されたり、就職活動への影響などもあるため、ネガティブなイメージが今日でも根強く定着しています。

⇒続き

スイスとワンちゃん

スイスを訪れたことのある方なら必ず気付いたと思いますが、スイスはどこへ行ってもワンちゃんを連れている人が目立ちます。最初は「犬を散歩に連れている」にしか見えないでしょうが、次第にそれが単なる散歩ではなく、「犬が普段から飼い主と行動を共にしている」との見方に変わります。例えば、レストランで食事をしている時や電車に乗っている際でも椅子の下にワンちゃんがいたり、繁華街や駅構内でもワンちゃんが当たり前のように歩いていたりするのを目撃することは決して珍しくありません。特に犬好きな方であればそのような光景に必ず目が行き、羨ましがるのではないでしょうか?ということで、今回は「スイスとワンちゃん」と題して、スイスの犬に関するネタをご紹介いたします。

⇒続き

ジャーマン・ジョーク 笑える?笑えない?

お国ごとに笑いのツボが違う―そんな風に思ったことはありませんか?アメリカ的おバカジョーク、イギリスの皮肉っぽい笑い、フランスのブラックジョーク。ではドイツのジョークとは?ドイツ人は頭が固くてユーモアがない…などというステレオタイプもあるようですが、今日はそんなドイツの短いジョークをいくつかご紹介します。

⇒続き

ドイツの若者言葉大賞 2020

12月、日本では流行語大賞が発表され、その年のトレンド、世相を反映することばが発表されます。さて、ドイツでもLangenscheidt社主宰の若者言葉大賞(Jugendsprache des Jahres)が2008年から毎年選定、発表されています。今年は、初めてインターネット投票で行われ、投票数は100万以上にものぼりました。今年、ドイツの若者の間でトレンドとなったワードとは?

⇒続き

コロナ渦での日本のお正月はどう祝う?

大晦日(Silvester)はシルベスターパーティーで盛り上がるドイツとは対照的に、日本のお正月は静かです。家族を訪ねて数日間親元の実家で過ごすのが恒例です。しかし、今年は新型コロナウイルスの影響で、おそらく多くの人がいつもと違ったお正月を過ごすことになるでしょう。

⇒続き

通信講座の受講料が4月開講の講座から値上げとなります

トランスユーロアカデミーでは通信講座(特許翻訳のみ)を開催しております。事務局を挟まず、講師と直接やりとりができる通信講座はトランスユーロアカデミーの人気講座の一つです。

この通信講座ですが、回を重ねるごとに、内容が充実し、対応が細やかに、そして高度になってきたことから、内容の充実度に合わせて受講料を値上げすることとなりました。

⇒続き