ドイツのキラキラネーム?

あなたにはドイツ人の友人、知人はいますか?

ヤン?クリスチャン?ミヒャエル?女性ならザラ?ステファニー?アンジェリカ?これらの名前は、いずれもドイツの1950年代、1979年、1999年の人気の名前第一位なのです。

ドイツ語圏の人名は基本的に聖書から名付けられているせいか、日本の名前ほどヴァリエーションが多くない気がしませんか?それもそのはず、ドイツでは子供の名前に関して厳しい規定があります。それでも、時代ごとに流行りもあり、日本のようにちょっと変わった名前をつけようとする傾向もあるようです。

 

⇒続き

日本の梅雨

日本にはドイツと同様に四季があります。でも、ときどき、5つめの季節を挙げる人がいます。これは日本に梅雨という季節が存在するためです。梅雨はおよそ50日間続き、だいたい6月に梅雨入りとなります。とはいえ、この季節は毎日雨が降ると考えてはいけません。

6月7月の実際の月別降水日数は、平均12.6日間です。そしてこれらの日でも必ずしも一日中ずっと雨が降っているわけではありません。6月の降水量は145㎜ですが、8月と9月には、200㎜を超える降水量になります。その理由は、これらの月に台風が頻繁に到来するためで、この時期は長期間にわたってとても激しい雨が降ります。

⇒続き

Regenzeit in Japan

In Japan gibt es genauso wie in Deutschland vier Jahreszeiten. Manchmal wird jedoch von einer fünften Jahreszeit gesprochen, denn in Japan gibt es eine Regenzeit. Diese dauert ca. 50 Tage und fängt meistens im Juni an. Doch man darf jetzt nicht denken, dass es in dieser Zeit jeden Tag regnet.

 

⇒続き

ドイツの犬事情

ドイツの町を歩いていると犬を連れて歩いている人の多さに驚くでしょう。彼らは犬を散歩させているだけではありません。ドイツでは買い物やちょっとしたお出かけ、旅先、さらには職場や大学にまで犬を連れてきている人々も見かけることがあります。ドイツでの人と犬との関わり方は日本とだいぶ違うようです。その感覚の違いを見てみましょう。

 

⇒続き

数ヶ月にわたる就職活動-日本の就活事情

ドイツでは、「インターンシップ世代」(Generation Praktikum) という言葉をよく耳にします。大学を無事に卒業してすぐに定職を見つけられる大学卒業者は、ほんの少数にすぎません。というのも、どのような職場でも就労経験がある人間が求められているからです。ドイツのインターンシップは、およそ3ヶ月から半年くらいの契約で、実務も行いながら、その企業や業務全般を学びます。基本的にお給料は低いですが、企業側に気に入られれば正社員になれる場合もあります。いつの日か正社員として採用される時まで、インターンシップを次々に続ける人も多いですが、安い賃金で雇うためにこの制度を悪用する企業もあります。

日本の場合は、職探しの際には新卒の方が有利であることが多いです。これは多くの企業が新卒者に対して特別に求人を出しているからです。しかし日本での仕事探しは、一体どのように行われているのでしょう。

⇒続き

Monatelang im Bewerbungsprozess – Jobsuche in Japan

In Deutschland spricht man häufig von der Generation Praktikum. Nach einem erfolgreich beendeten Studium finden nur wenige Absolventen direkt eine feste Stelle, denn überall wird nach Berufserfahrung verlangt. Häufig hangelt man sich von Praktikum zu Praktikum bis es irgendwann vielleicht doch mit der Festanstellung klappt. In Japan ist der Studienabgänger häufig im Vorteil bei der Stellensuche, denn die vielen Firmen haben Stellengesuche speziell für Studienabgänger. Doch wie genau funktioniert die Jobsuche in Japan?

⇒続き

おなかが痛いときにはコーラ ドイツの民間療法

病気やケガをしたときに家庭でできる治療法、いわゆる民間療法は国や文化ごとにバラエティに富んでいます。

たとえば、しゃっくりがでるときには、びっくりさせると良い、風邪をひいたときにはねぎを首に巻くなどは日本で知られている民間療法です。

さて、ドイツではどのようなものがあるのでしょう。

 

⇒続き

コンビニ-お客さんには便利、経営者にとってはリスキー

日本には、24時間営業の小さな商店がたくさんあります。これらはコンビニエンスストアといいますが、日本語では略して「コンビニ」と呼ばれています。食料品や、お弁当、サンドイッチ、お菓子、化粧品、その他多くの生活必需品が売られています。そして、コンビニでは、ATMでのお金の引き出し、請求書の支払い、コンサートチケットも購入できますし、コピー機でのプリントアウトやコピーもできて、いくつかのコンビニでは無料Wi-Fiも提供しています。

⇒続き

Japanische 24-Stunden Läden – Praktisch für den Kunden, risikoreich für den Betreiber

In Japan gibt es viele kleine Läden, die 24 Stunden geöffnet sind. Sie heißen Convenience Stores oder in der japanischen Kurzform „Konbini“. Es werden Lebensmittel, fertig zubereitete Lunchboxen, Sandwiches, Süßigkeiten, Kosmetik und andere Dinge des täglichen Bedarfs verkauft. Außerdem kann man im Konbini Geld abheben, Rechnungen bezahlen, Konzerttickets kaufen, drucken und kopieren und einige bieten auch kostenloses W-Lan an.

⇒続き

ものづくりの国ドイツ 2 職人への道

前回の「ものづくりの国ドイツ」では自動車の誕生についてお届けしました。自動車産業はドイツを、まごう事なき工業大国へと成長させた立役者といえますが、ドイツ特有の職人育成制度である「マイスター制度」も大きく貢献しているといえるでしょう。ドイツも日本も、ものづくり大国といわれ、また職人による伝統と技の継承を重んじできた点でも共通点が見いだせます。このマイスター制度について今日はご紹介します。

 

⇒続き